健康な心身と輝く笑顔に繋がる治療

歯列矯正とは、一般的に歯並びの不正(出っ歯・乱ぐい歯・八重歯・受け口、すきっ歯など)を矯正装置で歯に少しずつ力を加えることによって改善していく治療法です。当院では単純に歯並びを整えるのではなく、噛み合わせや顔のバランス、全身の健康を見ながら矯正歯科治療を行っています。治療法は症例によって様々ですが、大きく分けてワイヤー矯正・マウスピース矯正があります。

なぜ歯列矯正が必要なのか

歯並びは見た目の問題だけでなく、歯並びが悪いことでむし歯や歯周病を引き起しやすくなる可能性があります。歯列矯正を行うことによって、見た目の改善とともに、歯ブラシがしやすくなり、むし歯や歯周病の予防に繋がります。

歯並びの悪さによる影響

歯並びが悪いと見た目の美しさが損なわれるだけでなく、下記のような影響を与えます。

  • むし歯や歯周病になりやすい
  • 噛む力が低下し、食事を楽しめない
  • 顎関節症や頭痛、肩こりになりやすい
  • 発音が不明瞭になりやすい
  • 顔の歪み、変形を引き起こしやすい
  • コンプレックスにより笑顔が減る
歯列矯正は子供がするものと思っていませんか?

歯並びや口元にコンプレックスを持ち、大人になってから歯列矯正をする人が増えています。女性の場合は成人式や結婚式に向けて、男性でもビジネスにおいて笑顔の印象を良くしたいという理由で歯列矯正をしています。
また、お口の健康が全身の健康に繋がるという認識が一般的に広まってきたことで、40代50代の方も積極的に歯列矯正を受けています。「矯正治療は大人になってからでは遅い」ということはありません。

矯正装置の種類

定番矯正装置

歯の表面に取り付けた「ブラケット」と呼ばれる装置にワイヤーを通し、ワイヤーの力で歯動かしていく矯正方法です。
強度や制度、耐久性は金属製のブラケットが優れていますが、目立ってしまうというデメリットがあります。当院ではなるべく矯正装置が目立たないように白い矯正装置(セラミックまたはプラスティックブラケット)を用いて治療を行います。

白いワイヤーを入れる事により、より目立ちにくくなります。

舌側矯正

歯の表側に装置をつけるのに抵抗がある場合、歯の裏側に矯正装置をつけて治療する舌側矯正という方法もあります。舌側矯正は装置が人目につかず、周囲の人に矯正していることが気付かれにくいです。

ハーフリンガル(上顎舌側矯正)

上の歯は裏側から下の歯は表側に矯正装置を貼ります。

リンガル(上下顎舌側矯正)

裏側から上下の歯に矯正装置を貼ります。

どうしても装置が目立つのが困る人のための、歯の裏側にブラケットをつける方法。見た目にはほぼわかりません。

インビザライン・マウスピース矯正

マウスピース矯正には、すでに世界的な実績を誇る「インビザライン」と国産で国内に普及しているマウスピース矯正があります。どちらも1日の装着時間は20時間以上と決められています。普段の生活では、食事や歯磨きの時を除いて基本的に付けていただきます。

インビザライン
シュミレーション診断料(精密検査診断料)

インビザラインは八重歯や出っ歯など歯列矯正で移動のできる範囲が、奥歯も含め様々な症例に対応できます。


1回片顎
シュミレーション診断料

マウスピース矯正は、歯列矯正で移動できる範囲は前歯のみの症例に限定されます。
通院は基本月に1回、回数はシュミレーション診断の結果で決まります。

部分矯正

部分矯正

全体の歯並びは悪くはないけれど、前歯だけなど一部の歯並びが気になる方にオススメの治療法が部分矯正です。個人差はありますが、矯正期間も3~10 ヵ月と短期間で、治療本数が少ない事で費用も抑えることができます。お口の状態により部分矯正が難しい場合もありますので、まずはご相談ください。

こんな方におすすめ

  • 過去に行った矯正の後戻りにお悩みの方
  • 1本だけが気になる方

矯正治療の流れ

初診

実際にお口の中を見せていただくなどカウンセリングを行い、矯正治療についてご説明します。
「歯並びが気になる」「下の歯が上の歯より前に出ている」「上の歯が前に出ている」など、気になることや、矯正治療に関する不安などご相談ください。

精密検査(診断のための資料取り)
  • 問診票の記入
  • レントゲン写真
  • 歯や顔の写真撮影
  • 歯の型取り
診断(検査結果のご説明)カウンセリング

検査結果をもとに、症状や今後の治療方針・期間・費用のご説明を行います。

インフォームドコンセント(ご契約)

治療方針、料金を十分ご理解いただいた上で、契約書にご署名頂きます。お支払い方法もご相談の上、決定いたします。

前処理

治療の必要があるむし歯や歯の神経の治療、歯周病治療を受けて頂きます。また、顎関節症の方などには、スプリントによる顎関節を安定させる治療を受けて頂きます。

矯正開始

矯正装置を装着し歯列矯正を開始します。装着後は月に1~2 回通院して頂き、矯正装置の微調整やお口の状態を確認していきます。治療期間は約2~4 年かかり、治療終了後も経過観察が必要となります。

矯正歯科のご案内

カウンセリングと料金

無料カウンセリングの後、治療を開始する前に専門医が口腔内を正確に判断し、デジタル口腔内画像やレントゲン画像等に基づき全顎の治療方針を決定します。

検査・診断

※インビザライン・ブラケット矯正

シュミレーション診断

※マウスピース矯正

調整料(来院毎月1回)
インビザライン調整料
観察料

ポイントカード

また、当院ではポイントカードサービスを行っております。
矯正や自費診療でのお支払い金額1000 円(税抜)毎に1ポイントが貯まり、30ポイント以上で自費診療の値引きサービスやご希望の歯科商品にご使用頂けます。
歯列矯正終了後に、ホワイトニングやPMTCにご利用される患者様が多くいらっしゃいます。

お子様の矯正治療(小児矯正)

当院でお子様の矯正治療(一期治療)を終了された患者様が、大人の矯正治療(二期治療)に移行する場合、その費用は大人の矯正費用からお子様の矯正費用を差し引いた金額になります。
その為、矯正治療を子供のうちに始めても、大人になってから始めても、治療費総額は変わりませんが、歯の生えかわりや顎の骨が成長している子供の時期に歯列矯正を行うことで、無理なく自然に歯を正しい位置に導くことができるなど、様々なメリットがあります。

PAGE TOP